電話でお問合せ(TEL:050-5841-8953)8:30〜17:30

メールでお問合せ(24時間受付中)

街の住医 株式会社グッディーホーム

お気軽にお問い合わせください

お問合せ 050-5841-8953
メニュー
閉じる

リフォーム事例

武蔵野市O様のリフォーム事例

BEFORE
2世帯住宅の家族構成の変化に伴い内装や設備を一新して新しい生活をしたい
AFTER
思い出を残しながら家族のライフスタイルに寄り添った住まいに
リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

和室は壁を取り払い、隣接するキッチン室・洋室と合わせて広々としたLDKにし、念願の対面キッチンを設置しました。お子様も走り回れるくらいゆったり広々と生まれ変わったリビング。お気に入りの対面キッチンからお子様を見守ります。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

壁を抜いた分、梁や筋交いには補強を入れ、必要な構造体は残しつつも抜け感が出るように多摩産材で化粧をしアクセントに。ダイニング上には同じく多摩産材の羽目板を設置することで、木のぬくもりに包まれたあたたかな空間になりました。(※多摩産材は東京の多摩地域で生育しその地区で生産・認証された木材のことです。)

リビング・玄関

リビング・玄関

玄関を横長に拡張してリビングと直接つながる折れ戸を設置しました。ベビーカーも活躍するご家族にとって広い玄関は使いやすく、大きい買い物をした時にリビングにそのまま荷物を運べるので便利になりました。

キッチン

キッチン

深みのある緑色がお気に入りのキッチンは、ホーローキッチンパネルのマグネットですっきり収納ができます。キッチンに立つとO様のお母様が手入れされているお庭のガーデニングを眺めることができます。

玄関・廊下

玄関・廊下

玄関を入った先の廊下には光を入れるための窓を設置。程よく目隠しができるように段をつけています。ステンドグラス教室に通っている奥様が手作りされたランプを設置しています。

庭

ウッドデッキを新設したことできれいに手入れされたお庭を眺めるのも楽しみのひとつに。元々お庭にあった大きな石をウッドデッキのステップとして利用しています。

  • リビング・ダイニング
  • リビング・ダイニング
  • リビング・玄関
  • キッチン
  • 玄関・廊下
  • 庭

家族構成の変化に伴い、ご両親の住む2世帯住宅に引っ越し新たな生活を送ることにしたO様。しかし築25年のご実家は水廻りも古くなっており、昔ながらの細かく仕切られた間取りは、育ち盛りのお子様が2人いるO様一家にとっては使いづらい空間でした。外構も含め全体的なリフォームを検討されていましたが、特にご要望が強かったのがLDK。子供がのびのびできる広くて明るい空間が理想でした。さらにキッチンは既存のI型から対面型にすることで、リビングで遊ぶ子供を見守りつつ、O様のお母様が大切に手入れしてきたお庭を眺められるようにする希望を叶えることができました。

建物タイプ
戸建て
リフォームの種類
複合リフォーム
家族構成
夫婦+子ども2人
築年数
25年
間取り
2K→LDK
目的
間取り変更、デザイン重視、2世帯住宅
リフォーム箇所
リビング、ダイニング、キッチン、トイレ、浴室、玄関、外構
新しくした設備

キッチン タカラスタンダード(レミュー)
浴室 TOTO(サザナ)
トイレ TOTO(ピュアレストEX)
洗面所 タカラスタンダード(ファミーユ)

間取り

BEFORE
2K
2K
AFTER
LDK
LDK

リフォーム費用

費用
1740万円
費用概算

キッチン・リビング:5,000,000円
浴室:1,200,000円
洗面所:300,000円
トイレ:450,000円
その他:10,450,000円

工期
78日間
リフォーム面積
49.1㎡

※表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

会社を選んだポイント

グッディーホームを選んだのは意外なつながりからでした。O様のお父様が武蔵野市軟式野球連盟の理事長をされていることから、試合で参加している弊社の野球チーム「グッディーズ」を知ったことがきっかけとなり、お問合せをいただきました。これから2世帯住宅に住まわれる3世代の家族と以前住まわれていた祖父母の思い出をつなげるアイデアプランにご満足いただけました。

リフォームのポイント

BEFORE
家族がのびのび過ごせる快適な空間にしたい

独立したキッチン室に和室と洋室が1つずつと、部屋が細かく仕切られているがために、使いづらく窮屈な間取りでした。浴室はタイル貼りの在来風呂のためひんやり寒く、入り口の段差は小さなお子様には危険な状態。トイレも年数が経ち内装も古くなっていました。

AFTER
2世帯住宅に残る家族の思い出をつないでいく新しい暮らし

2世帯住宅を超え、3世代が快適に過ごせる家になり「家族みんなが過ごしやすく快適です」とO様もご両親様も大満足していただけました。 ご満足いただいたポイントの1つが、「思い出をつなぐ」アイデアです。 取り壊してしまった和室の丸柱は、表面を割いてLDKのニッチの枠に使用。外構工事の際は、門柱に使われていた天然の御影石を横たわらせてお庭のアクセントにし、植木鉢を置けるようにしました。さらに奥様が趣味でステンドグラス教室に通われていると知り、その作品をインテリアに使うことをご提案。将来自分で作ったステンドグラスをはめ込めるように室内窓のガラスは取り外し可能なものを設置しました。 全てを新しくするのではなく、残してつなげる。お客様と一緒につくりあげることを提案させていただきました。

営業担当:山田明智

営業担当:山田明智

リフォームのこだわり

ほっカラリ床であったか優しく

機能重視ほっカラリ床であったか優しく

段差があった洗面所と浴室はフラットになりお子様とのバスタイムもスムーズに。その柔らかさに惹かれた浴室の「ほっカラリ床」は、お子様が膝をついても安心できるところも気に入っています。

既存利用で思い出を残して

既存利用既存利用で思い出を残して

取り壊してしまった和室の床の間に使われていた立派な丸柱をリビング壁面のニッチのアクセントに使用しました。思い出として残すアイデアです。

これからも手が加えられる家

デザイン重視これからも手が加えられる家

ステンドグラス教室に通う奥様が将来自分で作ったステンドグラスをはめ込めるように、室内窓に取り外し可能なデザインガラスを設置しています。

リフォーム箇所ごとの詳細

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

和室は壁を取り払い、隣接するキッチン室・洋室と合わせて広々としたLDKにし、念願の対面キッチンを設置しました。お子様も走り回れるくらいゆったり広々と生まれ変わったリビング。お気に入りの対面キッチンからお子様を見守ります。

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

壁を抜いた分、梁や筋交いには補強を入れ、必要な構造体は残しつつも抜け感が出るように多摩産材で化粧をしアクセントに。ダイニング上には同じく多摩産材の羽目板を設置することで、木のぬくもりに包まれたあたたかな空間になりました。(※多摩産材は東京の多摩地域で生育しその地区で生産・認証された木材のことです。)

リビング・玄関

リビング・玄関

玄関を横長に拡張してリビングと直接つながる折れ戸を設置しました。ベビーカーも活躍するご家族にとって広い玄関は使いやすく、大きい買い物をした時にリビングにそのまま荷物を運べるので便利になりました。

キッチン

キッチン

深みのある緑色がお気に入りのキッチンは、ホーローキッチンパネルのマグネットですっきり収納ができます。キッチンに立つとO様のお母様が手入れされているお庭のガーデニングを眺めることができます。

玄関・廊下

玄関・廊下

玄関を入った先の廊下には光を入れるための窓を設置。程よく目隠しができるように段をつけています。ステンドグラス教室に通っている奥様が手作りされたランプを設置しています。

庭

ウッドデッキを新設したことできれいに手入れされたお庭を眺めるのも楽しみのひとつに。元々お庭にあった大きな石をウッドデッキのステップとして利用しています。